忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
だいぶ前に録画したアメトークのWWE芸人を今ごろ見た。
団地ともお31巻の表紙はコブラだったのか…。
PR
そもそもブログを移転しようとたくらんでいたのは、スマホからの投稿を楽にしたかったから。
忍者ブログだと、専用のアプリが必要だったんです。
しかし、投稿が楽でも、外観のカスタマイズが困難だと困ります。
HTMLも改造出来ないくせに「他人の作ったデザインは嫌どす」とか寝言だけはすらすら出て来ます。

そんな訳で、ブログを移したり戻したりしている間に、何と普通にアプリ無しで投稿できる様になってるじやありませんか。
あの苦労は何だったんだろう。
とりあえず良かった。
ブログを移転してたのですが、読みにくいので結局ここで行く事にしました。
こっそり移転してたので、誰も気が付かなかった可能性も…。

最初は「読みにくかったらHTMLをいじくればいいのよ、おーっほっほっほ」と、舐めた事を考えていましたが、頭痛がしてきたので諦めました。
いじくってる時に、プレビューが出るのと出ないので、こんなにも作業の難易度が違うとは。

そういう訳で、移動していた時に書いた記事をこっちへ移し、何事も無かった様な顔で続けて行きます。
プレビューって大事。
庭の木にみの虫が湧いたのです。
いや…お前ら常識的に考えろよ…というくらいの爆湧きで。

以前から、バラの木に二~三匹ぐらい集ってたのですが、何枚もわたくしの服を破いて来たので、バラは切り倒しました。
時々、切り株から伸びて来て、高くは無いけどお気に入りのシャツとか破れるので、その都度切り詰めてはまた伸びるの繰り返し。
バラなんて別に好きじゃ無いけど、元から植わっているのを根っこからほじくり返すのは大変なので、その都度切ってました。
時々は花も咲いて、通りすがりの人には「綺麗ですね」とお世辞も言われたけど、何しろ気の迷いで昔書いたやおい小説で「高そうな深紅の薔薇」と表現するくらい薔薇愛がないんです。
それ以前にBLとかが向いてないだけかも知れませんが。

バラ本体が駆逐されたせいか、みの虫はもっと美味しい?ヤマモモの木を発見してしまいました。
こっちはわたくしが好きこのんで植えて、今年は少しだけど実を集めてシロップ漬けを作った木です。
一週間にも満たない間、目を離しただけで丸裸です。
とりあえず、手持ちの野菜や果樹にもやさしい殺虫剤とかかけてみましたが、全然効かずどんどん枯れてゆくヤマモモ。鈴なりのみの虫。
今まで、絶滅危惧種かも知れないと手が減していましたが、もういい。こいつら駆逐してやる。

決心したのはいいのですが、みの虫守備力高いです。
たまたま家にあったアースジェット直掛けくらいじゃ死にません。
一個一個むしって取るを繰り返す内に、何か腕はかぶれて来たし、とても取り切れない。
結果、たかられている木の方を伐採しました。
枝を払ったので、残った虫は手で取りきれる程度になり、日が当たる様になった地面には、ごっそりと降り積もったみの虫のフン。
庭には山椒もあって、アゲハが食ってはいるけど、木が枯れるには程遠いので、放置してます。
普通に少し居る程度なら、駆除なんかしなくて済んだのに。
というか、みの虫って本当に絶滅危惧種なのか?
家には昔から居るんだが。
更新してなかった間、特に大した変化はなかったけど、ネタは色々あったんですね。
ゴールデンカムイにハマったり(超面白いマンガ。アシリパさんすげぇ)木曽駒ヶ岳に登ったり(標高高いのに山小屋暑かった。男女雑魚寝なのにTシャツとパンイチで爆睡)まぁ、色々です。
あまりにも気温が殺す気なので、その後山に行くのを我慢していたのですが、さすがに平地生活にうんざりして皿ヶ嶺に行きました。
日陰だとある程度涼しいです。

昔、こち亀を読んでいて、30℃くらいで両さんが暑いとか言ってた記憶があるのですが(うろ覚え)今現在30℃って涼しいよね。
日中最高気温が30度なら、中四国の低山どこでも登れそうな気がします。
譲歩して32度なら、どこでも行けます。
というか、行きたいので早くあと2度下がってください。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/18 つねさん]
[04/26 進撃の腐人]
[10/10 もとじ]
[09/28 通りすがり]
[08/16 亜]
プロフィール
HN:
山田もとじ
HP:
性別:
女性
趣味:
マンガと昼寝と山登り
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © abR blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]