忍者ブログ
今頃だけど∀ガンダムを見ました。
月飛会長の空水さんに借りたのです。
面白いSFでした。

ただし、コクピットは股間にある!!

それから、巨大ロボットSF小説「ダイナミックフィギュア」を読みました。
コクピットは、頭より股間にあった方が安全だなぁと思いました。
PR
その大昔、わたくしがまだ、ぴちぴちの喪女だった頃(今はだるだる)ワイルドカードとかいうSF小説を買ったのです。
けっこうはまって読み込んだのですが、なぜか本屋に日参していた割に、続編を発見出来なかったので、そのまま忘れていたのです。
最近、本棚の整理していて思い出したので読み返し、検索してみたら、続編が出ているじゃないですか。
しかも、新刊じゃなくて古本扱いなのでお安いです。
早速購入したのですが、四巻の予告があったのに日本では未発表っぽい。
何んだよ、ドクタータキオンとかフォーチュネイトとか、どうなったんだよ。翻訳しろよくそう。
無敵の勇者タートルはその後どうしてるんだよ。
…そして、記憶喪失。

亜天が、私から「銀河ヒッチハイクガイド」をオススメされたらしい。
色々調べてみると、いかにもわしが好きそうなSFなんだが、全く原作を読んだ記憶も実写版を見た記憶もないです。
わたくしが深刻な記憶喪失なのか、亜天の勘違いなのかは分かりませんが「月飛」の編集で空水さんちで見た映画版は面白かったです。
考えると顔をぺちぺちされる変な奴とか、バスローブで宇宙を放浪する主人公とか。
全く記憶にありません。

いゃー、まいったな。
宗像教授の最終刊帯に『星を継ぐもの』マンガ化という帯が付いてた。
昔ジャンプに載ってた同名のマンガではなく、JPホーガン原作の『星を継ぐもの』ですよ。ジャンプのマンガのも良かったけど…。
SF者としては大喜び…というか、なぜ今まで気が付かなかった、自分のバカ!!という展開なんですが、ここで手放しで喜べないのは『要覧の星』のせいなんでしょうね。
あらすじをおおざっぱに説明すると、キリスト教系のエセ科学を全身全霊でSF的に正当化しようとする、まぁ…何かがっくり来る痛い話です。
『ガニメデの優しい巨人』での私の涙を返せ!!
まぁ、星野版『星を継ぐもの』は、出たら買うけど。
『要覧の星』は、古本屋に売り飛ばしたけどな。

あと『ガニメデの優しい巨人』で泣いたのはウソ。
今まで泣きそうになった創作物は唯一椋鳩十の『丘の野犬』。
どうにか持ちこたえた。
このまま、無感動なロクデナシとして生涯を終えたいので『星守る犬』(マンガの)だけは、絶対読まない様にしようと思っている。
ちら見しただけでヤバかった。あれは読んだら泣くかも知れん。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/18 つねさん]
[04/26 進撃の腐人]
[10/10 もとじ]
[09/28 通りすがり]
[08/16 亜]
プロフィール
HN:
山田もとじ
HP:
性別:
女性
趣味:
マンガと昼寝と山登り
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © abR blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]